Adminではないけれど [隠居生活編]

主に無職の身辺雑記、たまに若い頃の自慢話。

若山耀人、殺人容疑で逮捕

先月中旬に栃木県で飲食店を経営していた夫婦の焼死体が発見された事件は、当初は特に興味がなく、スルーしていた.今月1日、死体損壊容疑で二名が逮捕されたが、うち一名が若山耀人(わかやまきらと)だと知って耳を疑った.

若山耀人といえば2014年度の大河ドラマ軍師官兵衛」で官兵衛の子役時代(万吉)およびその子(松寿丸)を好演し、一躍注目された子だ.彼の演技は子役の枠を超えてうまかった.過去のログを掘り起こしてみると、最大限の賛辞を贈っている.

今回は、今年初めて泣かされた。泣かされたのは若山耀人クンの演技だ。苦境に立たされた父、人質に反対する母の姿を見た松寿丸が、自ら人質を志願するシーンである。

この大河ドラマには、多くの実績ある、あるいは才能のある名俳優が大勢登場している。しかし、今回の若山クンは、「軍師官兵衛」に登場した、どの役者のどの演技よりも素晴らしかった。つまりはっきり言って、柴田恭兵よりも、中谷美紀よりも、岡田准一よりも上だったということだ。子役にしては、というレベルではないよ。

同時に、脚本がどうとか、演出がどうとか、いろいろ役者がその力を必ずしも発揮できない要因はあるのだろうが、役者が魂を込めて言を発すれば人の心を打つのだということを改めて実感した。若山耀人は、官兵衛の幼少期を演じて評判が良かったから長政の少年期も演じることになったと推察するが、彼の起用は大正解である。ダレたドラマを彼一人が喝を入れてくれた感じだ。
若山耀人クンの演技に泣かされた/「軍師官兵衛」第12話「人質松寿丸」(2014-03-23)

若山クンの溌剌とした演技は、前半のMVPものであった。
官兵衛、生まれ変わる。/「軍師官兵衛」第24話「帰ってきた軍師」(2014-06-15)

その後「悪夢ちゃん The 夢ovie」(2014)や「精霊の守り人」(2016)に出演.映画「ぼくが命をいただいた3日間」(2016年)では主演を務めた(未見).そんな彼がどうしていったいこんなことになったのだろう.

映画やドラマの出演は2018年が最後.もっとみのかも夢大使(美濃加茂市観光大使)を2014年(11歳)から2021年(18歳)まで務めている.

今回の事件は死体損壊容疑で逮捕されたが、明らかに他殺.まさか殺人にまで関わってはいないだろうな、という気持ちと、関わっていないわけがない、という気持ちで揺れていたが、21日、殺人の容疑で再逮捕された.やはりそういうことになった.

大河ドラマは出演者だけでも非常に多くの人が関わっている.中には犯罪を犯す人も出てこよう.しかし、主演、ではないが、主役の子役を務めた人が殺人容疑で逮捕とは、類を見ない大事件なのではないか.

新聞によれば、若山は「150万円もらった」と自白しているようだ.万吉よ、松寿丸よ、キミはタッタ150万円で人を殺めたのか.


郵便料金の値上げ

5月21日の関係閣僚会議で郵便料金の値上げが承認された.これにより、今年10月から、封書は84円から110円へ、葉書は63円から85円に値上げが行なわれる見通し.

郵便料金の値上げは昨年から言われていて、決まったものだと思っていた.一ヵ月ほど前に郵便局に行った時に切手を買おうか迷い、窓口で「値上げはいつからでしたっけ?」と訊いたところ、「まだ決まっていないので…….値上げそのものも決定したことではないので……」と言われ、驚いたことがある.

昨年12月18日、総務省は郵便料金の値上げ案を情報通信行政・郵政行政審議会に諮問した.この時点ではまだ案に過ぎなかった.今回はこれが承認されたということ.「決定」したと言っていいのかというと、正式には改正政令が施行されてから、ということになるのかも知れないが、ここまできたら棄却されることはもちろん、内容が変わることもないだろう.

年賀状以外で葉書を出すことはまずないが、封書は頻繁に出している.値上げを歓迎とは言わないが、諸物価高騰の折、致し方ないとは思う.問題は、差額の26円切手が発行されるかどうか.発行してくれなければ困る.いくらなんでもそのくらいの対応は考えているだろうと思いたいが、どうなるかはわからない.もし発行されなければ、少額の切手を大量に貼る必要が生じる.見た目も問題だが手間が大変だ.それは勘弁してほしい.

交換手数料を無料にする手もある.現在は切手を交換すると一枚につき5円の手数料がかかる.84円切手を110円切手に交換するためには、差額の26円ではなく31円かかってしまう.これを期間限定で手数料無料、差額分の負担だけで交換するサービスを実施してくれたらありがたい.値上げ対応でこの程度のことはしてもいいと思うが、これについては望み薄か.

今回の価格改定でいい点もある.現在は、25gまでが84円、それを超えると50gまで94円である.25gは引っかかりやすい.自分が手紙を出す時は、宛名も差出人もシールを貼るため、その分重くなる.中は便箋四枚までなら25gと思っているが、紙の質によっては微妙に引っかかってしまうこともある.が、今後は50gまでは110円で統一されるという.もう重さを気にしなくて済む.


Antonios NtoumasによるPixabayからの画像

IPアンリーチャブルな日

某月某日、お午過ぎ.寝室でダラダラとタブレットを眺めていたら、急にインターネットに繋がらなくなった.我が家には光回線が来ており、ルーターと通信端末は無線で繋がっている.ルーターは居間にあり、寝室は居間から離れているため、たまに繋がらなくなることがある。少し経てば回復するのだが、いつまで待っても回復する気配がない.居間まで来てみたが、繋がらない.携帯電話の4G回線は通じる.

以前、無線が繋がらなくなってしまった時は、LANケーブルを引っ張り出し、有線で接続してしのいだことがある.しかし端末からルーターは見える.ルーターには繋がっているのだ.そこから先の問題だ.モデムをリスタートしてみる.変化なし.念のためルーターをリスタート.変化なし.

取り敢えず他に打つ手を思いつかず、用事も立て込んでいるため、当面はテザリングでしのぐこととし、しばし保留とする.その後は家の用事もあって忙殺され、再度問題に向き合ったのは21時過ぎ.この手の問題は時間が経つと自然に解決することもあるが、依然として状況は変わらない.

プロバイダのサイトを見に行く.あれこれ探し、ようやく「インターネットに接続できない」というページにたどり着く.そこには「以下の点をご確認ください」として、様々なチェック項目が並んでいる.「モデムの『光』のランプは点いているか?」に従って確認したところ、消えていた.問題はここだ.

サポート用の電話番号が記載されており、24時間受付と書いてある.24時間とはすごい.さっそく電話してみる.電話は自動応答.なるほど、24時間受け付けるとは記載されているが、24時間対応するとは書いていない.「用件はなにか、次の中から番号でお選びください、1,……」と何度か訊かれ、ようやく「インターネットに接続できない」にたどり着いたら、「この電話番号宛てに解決方法の書いてあるサイトのURLを送るから、それを見てください」と言って一方的に切れた.直後にテキストメッセージが届いた.

そこに紹介されてあったサイトは、何のことはない、先ほどまで見ていたページであった.ただ、再度ていねいに読んでみると、「これでも解決しなかった場合は、解決しなかったと書いて、下のフォームから送れ」と書いてあるのに気付いた.そこでこちらの連絡先を書いて送った.これが22時ごろ.

翌朝、NTTに電話してみた.そうしたら、昨日から私の居住するマンションで同じ症状を訴える人が複数おり、そのため今朝メンテナンス員をそちらに向かわせた、状況がはっきりしたら報告する、との説明があった.

これで事情がだいぶはっきりした.マンション全体を管理するPBXのような機械にトラブルが起きたのだろう.あとはメンテナンスの人が修理してくれるのを待てばいい.お午ごろ、ふと気づくとモデムの「光」のランプが点灯している.よし、とタブレットを見直したら、無事にWi-Fiに接続された.パソコンも問題なく接続.急にやる気がみなぎってきた.前日は遅々として進まなかった作業をどんどんこなしていく.

14時ごろ、プロバイダより電話がかかってきた.ゆうべ問い合わせた件だ.なるほど、夜中にメールを送っておくと翌日に電話してもらえるのか.夜中に繋がらないのは仕方ないとして、翌日に対応してくれるならありがたい.事情を説明し、問題が解決したことを報告.迅速な対応に感謝して電話を切った.

16時ごろ、NTTから問題が解決した旨のメールが届いた.連絡すると言っていたのに来なかったな、と思っていたところだった.作業した人が報告を上げ、担当者に伝わるのに数時間かかったということだろう.

それにしても、今は何をするにもネットへの接続環境が前提であることを痛感.英語の勉強をするのでさえ、ネット環境がなければできることが大幅に制限される.問い合わせも、結局はネット経由でやったのだ.携帯が通じたから何とかなったが、それができなければ打つ手がない所だった.

メロンを買ってきて夕食後に食べた.お祝いだ.


Pete LinforthによるPixabayからの画像

鉛筆を捨てる(2024-05-08)

昨年の11月中旬、「中学生の基礎英語レベル1」のディクテーションをやめた.なぜやめたのか、もはや記憶にないが、忙しくなったからなのは間違いない.そのほかにも日記など、鉛筆を使う場面はないではないが、減りは明らかに鈍った.

今年度になって、「中学生の基礎英語レベル1」および「中学生の基礎英語レベル2」でディクテーションを始め、また鉛筆が減るようになった.一ヵ月以上経つが、今のところ続いている.なんなら、昨年「中学生の基礎英語レベル1」のディクテーションをやっていた時と比して楽にできている.進歩があったということか.

日記が全然進まない.これが最も鉛筆を消費する.もっと書きたいのだが.

過去記事


笠谷幸生逝去

2024年4月23日、スキージャンプ選手の笠谷幸生が虚血性心疾患のため逝去.80歳.

笠谷といえばもちろん1972年の札幌で日本人初の冬季五輪金メダリストになった人物.さらに銀の金野昭次、銅の青地清二と共に日本勢で表彰台を独占し、日の丸飛行隊と呼ばれた.当時は小学生で、オリンピックにも、ジャンプというスポーツにも全く興味はなかったが、その日はテレビを見ており、その時のことは今でも覚えている.今となれば、見ておいてよかったのか.それは日本の歴史の一部だから.