Adminではないけれど [隠居生活編]

主に無職の身辺雑記、たまに若い頃の自慢話。

本の処分 第七弾

処分しようかという気になった本の中には、まだきれいな本もある.きれいだと捨てることはないじゃないかと思えるが、では読むことがあるかといえばそれは別問題.「女嫌いの平家物語」は、恐らく大河ドラマ「平清盛」が放映された時に買ったのだ.ドラマに…

大物歌手が続々と

2023年10月18日、もんたよりのりが大動脈解離のため死去.72歳.18日の朝に自宅で倒れ、救急搬送されたが助からなかったと、22日に公式ブログにて発表された.2023日11月9日、大橋純子が死去.73歳.3月に食道がんが再発し、治療中であった.11月23日、もん…

大谷翔平、二度目のMVP

獲ると確信していたから意外ではないが、やはりニュースだ.エンゼルスの大谷翔平がMLBア・リーグのMVPを受賞した.2021年に続き、二度目の受賞.二度の受賞は日本人選手では初.MVPの最多受賞はバリー・ボンズ(通算762本塁打)の4年連続を含む七度が断トツ…

コンビニの出入口の謎 その3

ここのところ、立て続けに古い知人に会う予定があった.待ち合わせの場所に、約束の時刻よりもずっと早く着き、近所を散策.じっくりとコンビニの調査をする.今日はとある施設に行く用事があり、これは自動車で出かけたため、都度立ち寄ったり写真に撮った…

本の処分 第六弾

古い本を読もうとして、いろいろ汚れているところから、読む気が削がれ、諦める、ということをここ数ヵ月の間に何度かした.最近は、そういう本はむしろ積極的に処分していいのでは、と気持ちが変わってきた.かなり長い間活字の本を読まない時期があった.…

クレジットカード決済の障害

昨日(11日)夕方、近所のスーパーマーケットで買い物をし、レジで支払いを済ませようとした.買い物はいつもクレジットカードを使う.いつもの手順で操作をし、ピッと音が鳴ったのでカードを抜き取った.そうしたら店員さんから、「エラーになりましたので…

気になるお値段

大谷翔平が日本全国の小学校約20,000校にジュニア用のグラブを3つずつ、合計6万個を寄贈するという.昨日、本人のインスタグラムで発表した. この投稿をInstagramで見る Shohei Ohtani | 大谷翔平(@shoheiohtani)がシェアした投稿 日本では低年齢になるほど…

給料は高い方がいいのか?

以前、知人と転職について話をしていた時、先方が「例えばさ、今の会社の倍出すって言われたら、その会社に転職するじゃん?」と言うので、「えーっ、そんな会社怖くて絶対に行かない」と答えたら、その場が凍って話が打ち切られ、知人が不愉快になったこと…

コンビニの出入口の謎 その2

昨日、都心まで出かける予定があった.都心は道路が広く、お洒落な店が多く、人も多くて賑わっているが、一方、「静謐」を感じるような空間も多い.これは緑が多いせいだ.福島から上京して就職した時、いや就職活動のため何度も上京していた時、東京は緑が…

コンビニの出入口の謎

知り合いの家の近くに新たにコンビニができたという.便利になってよかったですねと言ったら、セブンイレブンならよかった、それなら自動ドアなのに、ファミリーマートだから、と言われた.これまでコンビニのドアなど気にしたことがなかったが、自動ドアで…

鉛筆を捨てる

鉛筆が7cmを切ったので捨てる.前回捨てた鉛筆と今回捨てる鉛筆はセットで使うことが多かった.だから同じように短くなった.とはいえ、同じ月に2本捨てることになるとは思わなかった.「中学生の基礎英語レベル1」で割と真面目にディクテーションをやってい…

朝ドラヒロインの年齢は?

現在「ブギウギ」の主役を務める趣里は、以前から知っている役者で年齢もわかっている.現在は役の上では19歳~20歳だが、顔つきも考え方もまだまだ幼くて、まさに20歳くらいに見える.同期のリリーや和希を演じる役者の方がずっと年下だが、彼女らの方がま…

セミナー狂騒曲

とあるセミナーにスピーカーとして参加することになった.セミナーは13時から.その前に食事を済ませる必要がある.とりあえず最寄りの駅まで行き、駅前で食事を取ろうと思っていた.そのため12時前に駅に着くつもりでいた.当日、早めに起きてシャワーを浴…

部屋に蚊がいる

夜はすっかり寒くなった.もう10月末だから当然.一方、日中はまだまだ暑い.今日も最高気温は24度くらいだったのでは.部屋に蚊がいる.あのプーンという声が不愉快だ.無視していると刺される.腹立たしい.仕方なく蚊取り線香を焚く.部屋中に香りが漂う…

「百科事典操縦法」を再入手

先月、加藤秀俊が亡くなられた際に、Amazonで著書を検索して「百科事典操縦法」が目に留まった.非売品だと思っていたから驚いた.実際には値段がついており、一般販売されていた時期があったようだが、仮に非売品だとしても、本がある以上それを所有してい…

アレルギー

「ラジオ英会話」の英作文の課題で、海老の天ぷら蕎麦を薦められた人が「いえ、結構です。とても美味しそうですが、残念ながら私は甲殻類アレルギーなのです」と答える課題が出た(10月20日放送、Lesson 135).「甲殻類アレルギーです」は I'm allergic to …

当事者には語ってもらいたいが、鵜呑みにしてはいけない

今年に入って鮎川誠、高橋幸宏、坂本龍一、そして谷村新司と、J-POPの黎明期から活躍してきた大物ミュージシャンが相次いで亡くなった.吉田拓郎は引退し、井上陽水も名言はしていないが実質引退状態にある.一方、現在でも現役で活動を続けている人は枚挙に…

鉛筆を捨てる

使っていた鉛筆がいよいよ鉛筆削りで削れなくなった.測るとちょうど7cm.お役御免の時が来た.今年は「ラジオ英会話」のディクテーションをしており、鉛筆は快調に減っていた.が、首が回らなくなって7月一杯でやめてしまったため、鉛筆を使用する場面が激…

その気があるなら具体案を

20代の頃は、職場の同僚と飲みに行くことはほとんどなく、仕事柄、お客様と直接のお付き合いもなかった.30代になってから、職場の同僚と飲みに行く機会が増え、またお客様とも日常的なやりとりが発生し、たまに飲みに行くこともあった.そういう日々を送っ…

さらばチンペイ

2023年10月8日、谷村新司が腸炎のため逝去.74歳.10月16日に死去の事実が公表された.谷村新司といえば、中学生の時に聞いた文化放送の「セイ! ヤング」が印象に残っている.自身が進行を務める番組で、ばんばひろふみもレギュラーだったのか、ゲストとし…

三回ルール

その昔、まだ20代の頃.ちょっと素敵だと思っている女性がいた.お付き合いがあって、顔が合えば仲良く雑談もする間柄だ.ある時、思い切って食事に誘ってみた.ごめんなさい、今仕事がとても忙しくて、時間がないの.じゃあ仕方ないですね、また折を見て誘…

藤井聡太が八冠獲得

時間の問題だとは思っていたが、2023年10月11日、藤井聡太が3勝1敗で永瀬拓矢より王座を奪取.これで全冠制覇となった.21歳.永瀬拓矢は今回の対局に臨み、相当に研究をしてきたようで、緒戦の勝利、第二局は200手を超える混戦.この日も序盤は主導権を握っ…

山本由伸、三年連続四冠

昨日のマリーンズvsイーグルス戦をもってパ・リーグも全日程を終了.「熾烈な争い」と書いたが、夜のスポーツニュースや翌日の報道記事を読む限りでは、イーグルスはこれといった抵抗もせず、淡々と試合が終わった印象だ.5-0でマリンーズの勝利.これでマリ…

「書き残そう、あなたの人生の物語」

はてなから、開設して二年経ったとの通知が来た.二年経ったのか.ということは、仕事を辞めて二年経ったということだ.過ぎてみればあっという間の二年、というのは常套句だが、気が遠くなるほど長かった、という気もしている.読み返して楽しいか、といえ…

熾烈な二位争い

セパ共に優勝チームは独走だったが、二位・三位争いは最後まで熾烈だった.セは、終盤に入ってさすがにジャイアンツのAクラスはなくなり、クライマックス・シリーズへの出場チームは決まった.が、二位・三位は混沌. セ・リーグは、10月4日のシーズン最終戦…

セのタイトルはベイスターズが独占

セ・リーグは10月5日に全日程を終了した.これによって個人タイトルが決定した.3位になった横浜ベイスターズの選手が、結構タイトル争いに絡んでいたなあと思って確認したところ、なんと12タイトル中6つを獲得していた.しかもタイトルホルダーは4人.優勝…

第19回アジア競技大会 卓球(2023-10-04)

中国・杭州で行なわれている第19回アジア競技大会は10月2日に終了した.10月1日は早田ひなのシングル準決勝.相手は世界ランキング4位の王芸迪.試合開始は15時.テレビ中継はない.テレビ東京のライブスコアというサイトではスコアだけが書き込まれる.ここ…

加藤秀俊逝去

2023年9月20日、社会学者の加藤秀俊が逝去.93歳.この人にはずいぶんとお世話になった.今も書棚を見てみると、中公新書の「整理学」「人間関係」「取材学」「電子時代の整理学」、講談社文庫の「アメリカ人」「日本人の周辺」などが目に入る.しかしなんと…

大谷翔平が本塁打王

2023年10月1日(日本時間2日)、MLBの全日程が終了、大谷翔平の本塁打王が確定した.日本人選手の打撃三タイトルの獲得はイチローの首位打者以来、本塁打王は初.日本のプロ野球で50本以上の本塁打を打った選手というと、バレンティン、ローズ、カブレラなど…

朝ドラ完走

「らんまん」を休むことなく最後まで見、また、全話の感想を最後までブログに書くことができた.かなり大変だが、完走出来てよかった.朝ドラの完走は「カムカムエヴリバディ」「舞いあがれ」に続いて三作目.すべて感想も完走.「ちむどんどん」は視聴自体…